障害を
お持ちの方

ぽこ・あ・ぽこ

一般就労を目指す障害をお持ちの方を対象に、就労移行支援、就労継続支援、自立訓練を行っています。

ぽこ・あ・ぽこ
※ 実際の利用者・職員と異なる場合があります。

ぽこ・あ・ぽこの特徴

毎年多くの利用者が就職しています。

毎年15人程の利用者の方が一般企業へ活躍の場を移しています。
ぽこ・あ・ぽこでは一般就労に向けた支援に積極的に取り組んでおり、一般就労を目指す障害をお持ちの方をサポートしています。また、就職した後もぽこ・あ・ぽこの職員が定期的に職場を訪問したり、就労者からの相談に乗ったりしています。万が一、退職となった場合にも退職に向けた調整や支援を一緒に行ったり、ご希望に応じてぽこ・あ・ぽこを再利用することができます。

障害を持つ方がやりがいを持って働ける場所を目指しています。

ぽこ・あ・ぽこでは様々な仕事を請け負うことで、利用者の方に多くの作業を経験してもらえる場を用意しています。ぽこ・あ・ぽこで様々な仕事に挑戦し、やりがいを持って仕事に取り組める環境作りを行っています。

事業について

就労移行支援事業(定員20名)

対象者:
就労を希望し、その可能性のある障害をお持ちの方
利用期間:
2年間
事業内容:
利用期間の中で就職に必要な技能やマナーを身につけます。
体験実習などに参加してもらい、実習を通して就職への準備や意欲を高めます。

就労継続支援事業B型(定員26名)

対象者:
ぽこ・あ・ぽこに自分で通所することができる障害をお持ちの方
利用期間:
制限なし(体力低下などの理由により他機関の利用を進める場合もあります。)
事業内容:
作業環境を工夫し、作業を効率よく行うことで、より高い工賃を貰えるよう支援します。(平均工賃 約30,000円) 一般就労の可能性がある方には就職へ向けた支援も行います。

自立訓練事業(生活訓練)(定員10名)

対象:
将来的に就職を希望している障害をお持ちの方
利用期間:
2年間
事業内容:
利用期間の中で就労移行支援事業へ移行することを目標にします。
就職に向けた生活の課題を改善できるよう支援をします。

作業について

解体(パソコン部品などの解体や電子部品などの仕分け)、部品組立(自動車部品の組立)、箱折り(箱折りや箱詰め)、清掃(施設内清掃、外部清掃)などの作業を行っています。

利用までの流れ

  • 1.見学
    お住まいの市区町村の障害福祉課や福祉保健センターへお問い合わせいただき、市区町村のご担当者様よりご連絡ください。見学は随時受け付けております。
    ※在学中の方は学校にご相談ください。

  • 2.体験実習
    一定期間、実際にぽこ・あ・ぽこに通所していただき、ぽこ・あ・ぽこの雰囲気や作業を体験していただきます。同時にぽこ・あ・ぽこでもご本人の適性を確認します。実習終了後、ご本人とぽこ・あ・ぽこで利用について話し合います。

  • 3.利用申し込み、受給者証申請・発行
    ぽこ・あ・ぽこを利用することが決まったら、お住まいの市区町村へ利用の申請(受給者証の申請)をしていただきます。利用許可(受給者証の発行)が出れば利用することができます。

  • 4.利用契約・利用開始
    ぽこ・あ・ぽこで利用の契約を行い、利用開始となります。

資料PDF

アクセス

アクセス
JR「新杉田駅」より徒歩0分 /
京急「杉田駅」より徒歩7分
住所
〒235-0032
横浜市磯子区新杉田町8番地の7
電話
045-772-2100
Fax
045-775-1630
E-Mail
poco@denkikanagawa.or.jp
新杉田地域ケアプラザ

ご意見や苦情について

個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ戻る