法人概要

わたしたちのめざすもの

私たちの想い

障害者の社会的自立をめざす

障害者の就労、特に一般企業における障害者雇用をゴールに、障害者一人ひとりに個別の目標を設定し、総合的な育成を はかります。

地域福祉の充実をめざす

地域の高齢者・障害者に対する介護・福祉サービスのプランや調整、そしてデイサービスを中心とした日中活動の支援を行ないます。

福祉に対する啓発

より多くの地域の方々に、福祉について身近に感じとってもらうための啓発活動を行なっています。シンプルにそしてわかりやすくを テーマに、さまざまな企画・運営を行なっています。

理事・評議員・監事一覧

  • 理事長:石原 康則
  • 理事:今野 典人
  • 理事:松本 真悟
  • 理事:小川 卓
  • 理事:山口 亨
  • 理事:吉田 洋平
  • 評議員:岡元 茂樹
  • 評議員:福永 修次
  • 評議員:神保 政史
  • 評議員:鈴木 巌
  • 評議員:渡部 匡隆
  • 評議員:岡本 多喜子
  • 評議員:小林 由美子
  • 評議員:佐藤 千徳
  • 評議員:太田 友希
  • 評議員:志賀 利一
  • 監事:梅野 節次
  • 監事:佐藤 信也

組織図

組織図

沿革

法人の事業等
昭和47年(1972年) 電機連合神奈川地方協議会(当時:電機労連)定期大会で心身障害児・者対策運動決議
平成3年(1991年) 電機連合神奈川地方協議会定期大会で社会福祉法人電機神奈川福祉センター設立決議
平成4年(1992年) 横浜南部就労支援センター(当時:援助センター)開所
平成7年(1995年) 社会福祉法人認可
平成8年(1996年) 知的障害者通所授産施設「ぽこ・あ・ぽこ」開所
横浜市新杉田地域ケアプラザ開所
平成9年(1997年) 湘南地域就労援助センター開所
平成10年(1998年)
<雇用促進法改正:
知的障害者雇用義務化>
中部就労援助センター開所 (当時:川崎北部地域就労援助センター)
平成11年(1999年) 在宅介護支援センター開始(横浜市新杉田地域ケアプラザ)
ふれあいショップいそっぷ開店
平成12年(2000年)
<介護保険法施行>
居宅介護支援事業開始(横浜市新杉田地域ケアプラザ)
通所介護支援事業開始(横浜市新杉田地域ケアプラザ)
平成13年(2001年) 社会事業授産施設「川崎市わーくす大師」を川崎市より受託
生活支援事業受託(湘南地域就労援助センター)
平成15年(2003年)
<障害者基本法施行>
NPO法人障害者雇用部会発足
平成18年(2006年)
<障害者自立支援法施行>
地域包括支援センター受託(横浜市新杉田地域ケアプラザ)
ふれあいショップいそっぷ閉店
就労移行支援事業・就労継続支援事業B型開始(ぽこ・あ・ぽこ、川崎市わーくす大師)
神奈川県生活支援事業受託(湘南地域就労援助センター)
平成20年(2008年) 生活支援センターわーくす大師開始(川崎市わーくす大師)
平成22年(2010年) 自立訓練事業(生活訓練)開始(ぽこ・あ・ぽこ)
障害者就業・生活支援センター受託(湘南地域就労援助センター、中部就労援助センター)
平成23年(2011年) 川崎市地域活動支援センター開始(ウィング・ビート)
平成24年(2012年) 全国就労移行支援事業所連絡協議会発足
平成25年(2013年)
<障害者総合支援法施行>
生活支援センターわーくす大師閉鎖(川崎市の相談支援センター整備に伴う)
平成26年(2014年) ウィング・ビート 川崎市地域活動支援センターから就労移行支援事業へ事業移行
平成27年(2015年) 就労移行支援事業・自立訓練事業(生活訓練)開始(ミラークよこすか)
平成28年(2016年) 特定相談支援事業開始(川崎市わーくす大師)
生活支援体制整備事業開始(横浜市新杉田地域ケアプラザ)
平成29年(2017年) ミラークよこすか 自立訓練事業(生活訓練)を廃止し、20名定員の就労移行支援事業所へ

ページの先頭へ戻る